会報

会報

(公社)宮城県獣医師会では、年4回、会報を発行しています。
また、平成16年1月14日、日本郵政公社の学術刊行物(郵業業第3539号)として、認可されました。

第71巻 第3号 平成30年7月
学術 飼料原料の変化と潜在成分の変化 祐森 誠司

育成乳用牛の野外放牧における駆虫の重要性
高橋 史昭
研究 新規に設計したプライマーを用いたPCR法による関節炎型豚丹毒の迅速診断法の検討 高橋 巧
業績ノート 高病原性鳥インフルエンザ発生時の初動防疫体制整備に向けた取り組み 中村健太郎ほか
症例報告 会陰部に発生した悪性中皮腫を疑う犬の1例 川畑 唯生ほか
吐出症状を呈した黒毛和種子牛の2症例 小堤 晃博
新人紹介
支部便り
会議
お知らせ
編集後記

バックナンバー

宮獣会報投稿募集

『みやぎ獣医師』会報への掲載について、随想や会員の声、ニュース、便り等、楽しい話題やお知らせしたい話題がありましたら是非お寄せください。

詳細については、事務局並びに投稿規程をご覧下さい!!

*会報投稿要領