会報

表紙のサムネイル(公社)宮城県獣医師会では、年4回、会報を発行しています。 また、平成16年1月14日、日本郵政公社の学術刊行物(郵業業第3539号)として、認可されました。

第74巻 第2号 令和3年4月
学  術 フタトゲチマダニの生息域は放牧地から都市緑地へ 大竹 秀男
牛に対するアミノ酸の最近の知見 芝野 健一ほか
研  究 卵胞刺激ホルモン(FSH)製剤1回投与における溶媒量の違いが過剰排卵処理成績に及ぼす影響 及川 俊徳ほか
症例報告 豚の腎芽腫 大井 啓希ほか
観血法により整復した黒毛和種牛の習慣性膣脱の1症例 下夕村幸薫ほか
資  料 宮城県における死亡牛のBSE検査状況(令和2年度)
食鳥検査事業参入に向けて
令和2年度日本獣医師会獣医学術賞の選考結果について
農場における産業動物の適切な方法による殺処分の実施について
人事異動
会  議
お知らせ
編集後記

バックナンバー

宮獣会報投稿募集

『みやぎ獣医師』会報への掲載について、随想や会員の声、ニュース、便り等、楽しい話題やお知らせしたい話題がありましたら是非お寄せください。

詳細については、事務局並びに投稿規程をご覧下さい!!

*会報投稿要領