狂犬病予防注射情報

狂犬病とは

狂犬病とは

 狂犬病は、古くから人類に知られていたヒトと動物の人畜共通感染症のひとつで、すべての哺乳類が感染し、ひとたび発症すればほぼ100%死亡するという事実と、発症した際の凄惨な症状のため多くの国々で恐れられてきました。

 我が国においても、過去いく度となく流行を繰り返していましたが、昭和25年に制定された狂犬病予防法に基づき、犬の登録、予防注射の徹底等の措置がとられて強力な予防事業が推進された結果、昭和32年以降は発生していません。

 しかしながら、海外に目を転ずると、狂犬病は一部の国を除いて世界各国において発生しており、国際交流が盛んになった現在、わが国は常に本病侵入の危険にさらされているといっても過言ではないでしょう。

狂犬病の恐怖

狂犬病の恐怖

 わが国に狂犬病が侵入し、流行した場合のことを考えてみてください。

 もし、あなたの子供が、両親が、またはあなた自身が、素性の知れない犬(他の動物についても同様です。現に欧米先進国の中では、野生動物の狂犬病が問題 になっています。)にかまれた場合、その犬が狂犬病にかかっていないということが証明されるまで、あなたは恐怖にさいなまれることでしょう。

 万一、その動物が狂犬病であると診断された場合、発症しないことを祈りながら経過を見守る肉親、さらに本人の苦悩は想像するにあまりあります。そして、もし発症すれば・・・。

 町で見かける犬に「かわいいね。」と声をかけたり、自然の中で出会った野生動物に「こっちへ来ないかな?撫でてあげたい。」と感じるのは、わが国に狂犬病の発生がないからこそ、安心してできることなのです。

狂犬病予防のために

 わが国では、狂犬病予防法に基づき、犬やその他の動物に検疫を義務付けて水際で検疫を実施し(島国だからこそ効果的な措置であるともいえます。)狂犬病の侵入防止を図っています。

 さらに、万一侵入してきたときのために、本病を予防するためにもっとも重要な動物である犬に対する登録制度を実施してその飼育動向を把握し、あなたの犬 が感染した犬にかまれても安全なように、年に一回の予防接種を義務付けています。(実施しなかった飼い主には罰則が適用されることもあります。)

狂犬病予防注射

 獣医師会は行政と協力して、年に1回、春に、狂犬病集合予防注射を実施しています。この機会に必ず予防接種を受けてください。あなたの住んでいる地域の予防注射の日程やその詳細については、最寄の市町村にお問い合わせください。

あなたの家族の一員の健康のために

 狂犬病のほかにも、あなたの家族の一員である犬や猫などの飼育動物にとって怖い病気はいろいろあります。しかし、幸なことにその中でももっとも注意しなければならないいくつかの病気に対しては、有効で安全性の高いワクチンが開発されています。ぜひ、お近くの獣医師に相談して、これらの予防接種を受けるよ うお薦めします。

宮城県内各市町村の狂犬病予防情報一覧

 宮城県内各地域の狂犬病予防についての一覧です。予防注射の日程など、最寄りの自治体でご確認ください。

仙南地域
岩沼地域
黒川地域
塩釜地域
大崎地域
栗原地域
  • ・栗原市
登米地域
気仙沼地域
石巻地域