ご挨拶

谷津壽郎

 宮城県獣医師会は県内で獣医師免許をもつ専門家の集団です。

 獣医師の職域は広く「動物のお医者さん」である、犬・猫等伴侶動物(コンパニオンアニマル)の病気の予防や治療をする小動物臨床の先生方も会員ですが、むしろ少数派です。

 鶏、緬山羊、豚、牛、馬等の産業動物の病気の予防・治療に従事している先生方、又その畜産物(卵・牛乳・乳製品・食肉)の製造にかかわっている先生方、畜産を振興する行政、団体に勤務されている先生方、人の保健・衛生・食品の安全にかかわっている行政等の先生方、大学や研究所で基礎的な研究に携わっている先生方、動物達の飼料や餌の製造、医薬品の製造に携わっている先生方、動物園や水族館に勤務されている先生方、等々仕事は多岐にわたっております。いずれにしても、6年間の大学教育を受け、国家試験に合格し、それぞれの分野の研修を受けた専門家です。

 最近マスコミ等で口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザが注目を集めております。その他にも狂犬病、BSE(牛海綿状脳症)をはじめとする新興・再興感染症、とくに人と動物の共通感染症に対して、地球環境や種の多様性の保全を考えながら対応しなければならないとする「One World-One Health」という概念のもと、他の専門家と連携しながら、「人と動物の健康な暮らし」をスローガンとして活動してまいります。

 我々の行動規範である獣医師倫理綱領獣医師会活動指針を掲載しますので、お読みください。

 お気楽に様々な相談をしていただければ幸いです。

公益社団法人 宮城県獣医師会 会長
谷津壽郎