緊急事態措置に伴う宮城県獣医師会事務局の業務縮小のお知らせ

緊急事態措置に伴う宮城県獣医師会事務局の業務縮小のお知らせ

2020年4月17日

 宮城県獣医師会は、令和2年4月16日(木)、政府から新型コロナウイルス感染防御に係る緊急事態宣言が全国発出されたことを受け、令和2年4月20日(月)から同年5月6日(水)まで事務局の事務を縮小し、業務の一部を停止します。
 ただし、必要な情報の提供につきましては、このホームページを通じてできる限り継続いたします。
 業務縮小期間は、固定電話による応答は行いませんので、ファックス又はメールによりご連絡をお願いします。、
 緊急事態宣言の解除にあわせて、迅速に業務を復旧いたしますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。
 
※下記業務については以下のとおりとします。
(1) 狂犬病予防注射業務に関する事務局の事務については可能な限り対応します。 獣医師の行う個別の狂犬病予防注射は狂犬病予防法による注射時期にとらわれず、柔軟に業務をおこないますので、かかりつけ等の獣医師にご相談下さい。
(2) 飼い主のいない猫の不妊去勢事業の申請時期の制限については、外出自粛の状況を斟酌し柔軟に受付を行い、施術を実施しますので、こちらについてもかかりつけ等の獣医師にご相談下さい。
  なお、事務縮小により助成金の交付が翌月以降に遅れることがありますのでご理解を賜りますようお願いいたします。

宮城県獣医師会は、世界のすべての人々がこの苦境を乗り越えられることを願うとともに、動物と人が共存する社会を目指して邁進してまいります。

 

連絡先 ファックス:022-297-1737 メール:info@miyaju.jp

 

新型コロナウイルスに関する情報はこちらをご覧ください

 

前のページに戻る